「北朝鮮情報」で県PC感染=実在の政府職員名でウイルス送付―広島

広島県は9日、県教育委員会のパソコンに北朝鮮情報をかたったメールが届き、添付ファイルを開いた職員2人のパソコンがウイルスに感染したと発表した。国の実在する職員名が送信者として表示されていたが、この職員が送信した事実はなかった。(時事通信)